憧れの注文住宅の注意事項

誰でも一度は夢見るマイホームですが、庭付きの一戸建てというのはややハードルの高いものです。


この様な住宅を建てようと考えているのであれば選択肢は二種類あります。


まず第一に建築済みの住宅を土地ごと購入する建売住宅という選択肢と、全くの更地の段階から設計に関与し、こうしたいという希望を反映させて作る注文住宅という二種類があります。



この内、建売住宅は分譲住宅とも呼ばれており完成状態で購入数rことが出来ます。完成品を自分の目で見て選ぶことができるというメリットの他に、状況によっては価格交渉が出来ると言うのも特徴になっています。



これに対して注文住宅はオーダーメイドですので価格交渉の余地は設計前の段階でしか行えません。そのため建築に必要となる総額は注文住宅の方が高くなるのは避けられないのです。
注文住宅とは言え、購入者が自分で設計を行うわけではありません。


住宅建築には様々な法律による規制が存在しており、違法建築にならない様に専門業者が設計をすることになります。注文住宅の場合にはその設計の前に設計者と綿密な打ち合わせを行い、どのような住宅にしたいかを一緒に考えることになるでしょう。

その後住宅の設計を起こし、説明を受けて最終的な工事に取り掛かることになります。
この様な家庭で注意したいのは建築の専門家である設計者の言葉はそれなりに重視した方が良いということです。

希望ばかり先行しても設計側が辞めた方が良いと考えることもあるのです。



その辺りについては納得のいくまで話し合うことが推奨されます。